医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛を受けるとムダ毛の悩みを効率よく解消できると言われていますが、その副作用が気になっている人も多いでしょう。最も多い症状としては肌の炎症や赤みが挙げられます。施術によって赤みが出ると気になってしまうかもしれませんが、一時的なものですし、あまり心配しなくて良いでしょう。また、医療レーザー脱毛を受けた後にニキビのようなものが肌にできることがあります。見た目はニキビと似ているのですが、これは毛膿炎と呼ばれる症状であり、レーザーの熱で皮膚のバリア機能が低下してしまったことが原因です。また、医療レーザー脱毛によって軽い火傷が起こってしまうこともあります。火傷は起こることが少ないのですが、不安な場合は信頼できるクリニックを選ぶことがポイントです。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛の場合、血管や内臓などに対する副作用の心配はありませんが、施術方法や肌の状態などによって打ち漏れや火傷などのトラブルが発生する可能性もあります。
しかし、技術レベルの向上やテスト照射の導入によって火傷の心配が少なくなっているため、初めてでも比較的気軽に施術を受けられます。
また、保証がしっかりしているクリニックを選ぶことで、打ち漏れが見つかった際に再照射してもらえるので安心です。
医療レーザー脱毛は、医師が在籍するクリニックのみで行われているので、万が一トラブルが発生した場合でも的確なアフターケアが期待できます。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛後にワキ汗が大量に発生したり、ワキガになったりする副作用があるといった口コミがありますが、これら全て勘違いになります。
脱毛しますと当然毛が無くなりますが、同時に汗を受け止める毛も無くなり肌を滑り落ちるようになります。
これを勘違いして汗が大量に出てるから汗が流れていると思ってしまうだけです。
ワキガの方も全くそのような事例は報告されていませんから安心して医療レーザー脱毛を受ける事ができます。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛は従来の脱毛サロンよりも毛根の深部までレーザーを照射しています。レーザー脱毛は肌に熱エネルギーを加えることで毛根を焼いているので一時的に肌がダメージを受けます。肌に対して出力が強すぎると副作用として火傷となる場合もあります。レーザー照射後は肌に熱エネルギーが残っているので、アフターケアが重要です。脱毛後に火照りを感じる場合には保冷材などでよく冷やすようにしましょう。熱により肌の水分が失われやすいため、クリームなどで保湿をしっかり行うことも大切です。また、レーザー照射直後に紫外線を浴びるとシミになったり、色素沈着を起こす場合がありますので、日焼けには十分注意しましょう。お風呂やサウナなどで肌の表面を温めてしまうと、火照りが強まったり、痛みを感じる場合がありますので、照射当日の入浴は温めのシャワーで済まし、肌はやさしく洗いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です